Cocoのポケット

好きなものでポケットをいっぱいにしたい人のブログです

二重生活

 

f:id:cocoanight0427:20161125175226j:image

 

を、観ました。

 

残念ながら映画館の上映期間は逃してしまったけれど、ようやく。

 

 

主人公の女の子は、哲学科の大学院生です。修士論文の執筆に際し、教授にある妙案を勧められます。それが、無作為に対象者1人を選び、尾行すること。すなわち、理由のない尾行。ルールは、対象と絶対に接触しないこと。尾行を通してその人の生活を覗き見することで、見えてくる、明と暗。1人の人間が持つ、秘密と嘘。それは一体何なのか、それが登場人物たちにどんな影響を与えていくのか。理由のない尾行が行き着く先は、何なのか。

 

 主人公に門脇麦。主人公の恋人役に菅田将暉。教授役がリリーフランキーで、尾行対象が長谷川博之。

 

 

f:id:cocoanight0427:20161125175238j:image

冒頭のこの2人の寝姿が、大変、最高でした…この後の営みも、最高でした…

 

 

って、まず、どうしても言いたかった事を言ってから。笑

 

 

 

 

題材、とても好きでした。人のどうしようもない部分とか、汚いところとか、脆弱なところとか。其れ等をすごく丁寧に描いていて、そういうところが好きでした。所々で映る、人同士のすれ違い。言葉に出来ない心の奥の部分が、表情や仕草で零れ出ていて、けれど決して、相手に伝わることなんかなくて。あぁ、これ、ものすごくリアルだなあ。なんて感じました。

「あぁ今、この人物の心の中では、嵐が起きてる。波が立っている。それが、溢れてきている。」そうやって、感情の存在自体はもの凄く感じるのに、どうしたらいいのかわからない。

そういう私達観客が感じるモヤモヤを作り手側はわかっていたかのように、ラストが作られてた。最後の文章で、くるっ。とつつんで、ひょいっ。と渡されたような気持ちになりました。今までのものは、全部これが言いたくて撮っていたのよ。最後にどうぞ、あなたにあげます。って、突然勝手に渡されて、逃げられた感じ。これを、あざといと言うのかしら。

困ったなあ、私、今から自分でもっと考えなくちゃじゃないのよう。と、苦笑いで言いたくなるような。

 

 

嘘も秘密も、愛の存在の有無の判断も、自分で経験して、自分に突きつけられたものを手掛かりにして生きていくしかないのだなあ。と感じました。

 

 

映画は、「映像や音を通して疑似体験ができるツール」という面でとっても魅力的だけど、主人公の行動と言葉だけでは、足りないこともあるのです。結局のところ、自分が体感して、考えたことしか、実感には繋がらないこともある。ただ、1人の人間の人生を一定期間、切り取って、繋げて、一つの物語にした”映画”は、私達の悩みや苦しみの答えにたどり着くための、手掛かりが隠されているなあ、と思う。

まるで、尾行のようですね。

 

 

 f:id:cocoanight0427:20161126184922j:image

 門脇麦さん、ほんっとうに、ずるいくらいに、主人公でした。なんか垢抜けてなくて、でもどこか大人びたところがあって、頭が良いようで、でもものすごく不器用で、どこかおかしい。いつも孤独とか寂しいって空気が付きまとう、そんな子。

あと、服装が、シンプルで媚びていないようででもちゃんと可愛くて、あー!いる、こういうずるい格好している子!(褒めてます…)という感じでまた、リアル。

 

 

 f:id:cocoanight0427:20161125175401j:image

そしてこの方も今回も、最高でした。好きですー。こういう静かで優しくて、でもなんだか少し面白味がなくて…?や、違うなあ。ある一部の人からしか魅力を感じてもらえない冴えない男の子!みたいな役をやっている菅田将暉さんが、大好きで、彼が演じた中で好きな役トップ3に入る事は、間違いなさそうです…。いつか、村上春樹さんの小説に出てくるあの類の男性の役を、やってはくれないかしら。と、密かに思っていたりします。

あー、すきですー。

 

 

 

 

 

 

観終わってから、今年はたくさん、人にがっかりしたなあ、と、ふと思いました。

それは、どこまでいってもとても悲しいだけのものの時もありましたし、その事実をなんとか理解して受容し、生きる、といった術を学べる機会でもありました。

”がっかりする”というのは、私がその人に勝手に期待して、あなたはこういう人でいて。というような身勝手な感情を押し付けた結果でもあるので、一緒にいたい人に対しては特に、自分の見方が狂っていないかちゃーんと定期点検して、それでも何かモヤモヤと思うときは、どう受容するかを考えて行動しなきゃいけないんだなあと思います。言うのは簡単だけど、実際にはすごく体力と気力を使うし、私はそういった我慢が上手ではなくて、すぐ、根をあげそうになります。ぷんぷん怒って、ぶるぶる泣いた事もありました。受け入れられないことも、まだまだ沢山あります。でも、少しは強く、なれたかしら。まだまだ、だけれど。

 

f:id:cocoanight0427:20161126184909j:image

 

生きていく中では、この映画で描かれていたような嘘や秘密は、どうしたって付きまとう。矛盾や、してはいけないことをしちゃう事だって、きっとある。それらが暴かれて、築いてきた関係があっけなく崩れちゃう事だってある。がっかりするし、悲しい。許しがたい事も沢山あるし、許しちゃいけない事も絶対あるんだと思います。

でももう、自分が大事だって認識したものを、簡単に、投げやりに、ぽいっ、としたくないから。潔いのと投げやりなのは、似てるようで全然違うんだ!って、3月のライオンの二海堂も言っていたものね。

「私はなにがあってもずっと、あなた味方だよ!」

なんて直接的で無責任な愛の言葉は吐けないけど、「私はあなたが何をしても受け止める努力を決してあきらめないでやるからね。」という、まわりくどい愛の伝え方は、していきたいです。人によってそれは、逃げや保険みたいに聞こえるかもしれないけれど、今の私のひねくれ加減では、それが精一杯の、素直なのです。

 

どうか、大事なひとにたちに、届けられますように。

 

ダリ展。

こんばんは。

昼間はあったかかったのに、夜になったらやっぱり冷えますね。温度差に耐えられなかったのか、寒冷蕁麻疹?みたいな類のもの?出てきました。いま、お腹と手首と首筋が、すごい事になってます。わーん。

 

f:id:cocoanight0427:20161122235549j:image

 

昨日、ダリ展に行きました。

初期のものから晩年のものまで、ズラズラーっと並んでいて、閉館1時間前に滑り込みで入ったので、時間が全然足りなくて、気になったもの以外はすべて流し見…という見方しか出来なかったのが少し残念でしたが、楽しかったです。

 

シュルレアリスム”の単語が頭から離れません〜

 

f:id:cocoanight0427:20161122235928j:image

今日ずっと言ってるんですが、若かりし頃のダリが稀に見るイケメンで、ぽおっ、としました。

 

 

ダリ展では映像作品や、ダリと妻のガラが写った写真も展示されていて、それを見てビックリした、え〜ダリってあのお髭ピンッッと立てて変な顔してるおじさんだよねえ〜?!というなんともまあ、お恥ずかしいほどの、美術や画家に対する私の知識のなさが生んだ感動だったわけなのですが、、、

 

 

 f:id:cocoanight0427:20161123000029j:image

この写真なんて、私、こんなに堀の深くてアンニュイな顔が耳元にあったら、卒倒する自信があるなあ、、と、さっき、2割引で買ってきたロールケーキを食べながら思いました。思いの外ニヤついていたようです。きもいね。

 

 

ダリの奥さんのガラは自由奔放な人で、ダリという眉目秀麗な旦那様がいたけど他に若い愛人を作って遊び歩いていた、というような事がネットで調べていたらたーくさんでてきて、あらまあ…といった感じでしたが、そんなガラをダリは一生、目の中に入れても痛くない!ってほど溺愛していたようで、ダリ可愛い…可愛いよダリ…となり、私の気持ち悪さが止まりません、誰か止めて。

 

f:id:cocoanight0427:20161123001041j:image

 

この日着ていた、アイスブルーのモヘアニットとニットパンツは、MARTEでセレクトされていた、インポートものです。

袖の作りがたまらにゃい〜〜二の腕付近で少しすぼまってから、ゆったりと袖口に向かって広がっていき、最後に手首で締まる…黄金比ですよね…そして何と言っても暖かい。着心地がいい。優秀。

朝と夕方の満員電車とかだと、毛が抜けて誰かのコートにくっついちゃうのが心配で、自分のコートが脱げなくなりますが…

 

 

 f:id:cocoanight0427:20161123001839j:image

 

帰りに食べたお茶漬けの見た目がたまりませんでした。もちろん、味もたまりませんでしたが。

 

f:id:cocoanight0427:20161123001925j:image

 

それと最近、ひぐまちゃんと会ってないねー、なんかあった?とのご指摘を関係各位から(うるさい友達と言え)多々受けていますが、前ほどではないにせよ、全然、会っていますよ〜

でも確かに、お互い、依存はやめよう〜自立しよう〜といった成長段階みたいなところであります☺️…文字にすると友達で依存やめよう、って、なんだそりゃ?って感じが浮き彫りになりますね、恥ずかしい!

でも本当に、そろそろ私達は4年生になるので就活も始まるし、その時々での距離感のつかみ方って本当に大事なんだな〜と思うところでもあって。そんな時に、同じタイミングでなんとなく、あぁあの子もそういう事考えているのかな〜なんて思うところもあって、不思議なような必然的なような、変な感じです。まあそんな事言って、1ヶ月に1回は全然会ってるんですけどね。笑

けど、それくらいは、会おうねひぐま〜。寂しくなっちゃうから。

 

f:id:cocoanight0427:20161123003005j:image

 

ちなみに、私もこの唇の写真撮ってもらったけど、肝心の唇を上下逆転させたままで撮ってて、後で気づいて「どうして教えてくれないの〜!撮影者〜!」と怒ったら、「気付かないお前が悪い!」と一蹴されました、笑いながら。くそ〜。吉田さくらさん(留学中)なら指摘してくれる(たぶん)。きっと全然優しくない指摘の仕方だろうな。「田中それ逆。」と冷静に突っ込まれるんだろうな。早く3人で会いたいな。もう少し。わくわく。

冬だわ

短いブログを書きます

一度書くタイミングを逃すと、1ヶ月なんてザラに放置してしまうから、怠惰な性格は本当に嫌だな。

 

 

知らないうちに秋は去り、気づいたら冬が隣に居座り、すりすりしてきます。きゃー。

 

 

f:id:cocoanight0427:20161120161628j:image

 

いつぶり?ってくらい久しぶりに、横浜美術館の方へいったら、紅葉が綺麗でした。何度も訪れたわけではないけれど、横浜美術館の外観が昔から無性に好きなんだよなぁ。とぼーっとして。

この日は冬のすりすりは遠慮してくれて、外を歩くのにコートがなくてもへっちゃらな日だったので、ずっと行きたかったPARIYAにいって、ランチをして。

 

私は、愛やら恋やらに対しての成長の遅れみたいなのがひどいなあと自分でも思う。なんか、よくわからないものすぎるから、自分から積極的に手を出して触れようとしないというか。手を出しても、触れるか触れないかギリギリのところで、ひょいっ、と手を引っ込めてしまうというか。

でも、それも私なので、噛み締めて生きていこうと思います。

色々考える事はあるけれど、今日はこの辺でね。

 

f:id:cocoanight0427:20161120162750j:image

 

そうそう、あの日着てたお気に入りのフリフリ。21歳なのに、フリルだらけでした。眼鏡も新しい。知らないうちに落っことしていたので、新しいものを買った次第です。

 

 

 

また書くね。

怒り

こんばんは。今バイトの休憩中です。夜ごはんにと買ったチキン竜田味噌サンドがおいしすぎて感動しています。味噌って素敵。。

 

この前の木曜日、「怒り」を観てきました。

 

 f:id:cocoanight0427:20161014013756j:image

 

安心して読んで欲しいので最初に言います、今回はネタバレを絶対しないがモットーのブログにします。笑

 

 

 

 

平日のレイトショー、終わるのは23時過ぎ…。というこれでもか、というくらいの演出をしつつ行きました。先日怒りを観たらしい友人がインスタで「ドMは1人でレイトショー」といった節のことを言っていたので。笑

 

 

効果はてきめん。

映画が終わってから席を立っても外に出ても、ホームに行っても電車に乗っても肩の力は抜けないし、息は落ち着いてくれないし、手の指を絡ませてクニャクニャ動かして、をせわしなくやっていないとどうしようもなくて困りました。

初めから終わりまで、何が起こるかわからない怖さがあって、それってホラー映画などでもよく使われる手腕だと思うのですが、映画が終わってからも、ひたすら怖くて。恐れの対象が、大きくて掴めない何かすぎて、何が怖いのかわからなくなっちゃって…ってのがまた奇妙で怖くて。

 

 

f:id:cocoanight0427:20161014004821j:image

 


お恥ずかしながら私、エンドロールで「怒り」の原作者さんが吉田修一さんだと知ったのですが、そこでもまた震えました。なぜ私が彼の名前を知っていて、それもこの映画の原作者だと知って震えたかというと、この方、「横道世之介」も書いていたからです。ひとって。ひとって…?!と思います。なんなら「悪人」も執筆されてるし、あとで調べたら悪人の監督さんも、怒りの監督さんでした。
あと単純に、綾野剛妻夫木聡…あれ…映画…いる…ってなります。

 

 

みんなそれぞれ、あの役はあの人しかいないね…と思わせる演者さんたちをはじめとして、音楽(坂本龍一さんでした!)、監督、原作者さん含め、こんな完璧な組み合わせ見たことないぞ…と思います…。

 

 

 

怖がりたい人は絶対に映画館で観るべきです。
みんな思い思いに、最大限に自分の思う演出をしてから観るといいと思います。
ちょうど空いた時間にやってるから!と言ってふらっと劇場に入って観てどんよりするとか、気合いを入れて朝イチでみて昼にはどんより家に直帰するとか。私みたいに平日レイトショーも断然オススメです。
要はなんでもいいのですけど、ちょっと意識して時間を過ごしてから観たら、トラウマ兼ねてかなりの思い出になると思います。あとで後悔しても責任は取れないけど…。私はDVDだったら最後まで見るのを諦めてた気がするので映画館で平日の夜中に観て、大正解でした。

 

 

あとあれです、カップルで観たいって話をしているようなら、普通に、オススメはしないです。安易に映画好きカップル気取って行くのはハードル高すぎる映画です。いやいや私達こそ本物の映画好きカップルよ!という方々なら。そういう方々こそに。

「別々の映画館で大体同じ時間に観て、その後いつもの場所で会う」

のプランを提案させていただきます。劇場に入る直前までお互いの行動をリアルタイムでLINEで報告し合い、映画がおわったら、カフェでも家でもホテルでも、どこでもいいんで、会えばいいと思います。何も言えなくなりながらどんよりと、でもぎゅっと、手を繋げばいいと思います。数分、それしかできなくなれば良いと思います。最高だと思います。自分で言ってて意味わかんなくなってきました。

私ならこうする、ってだけですね。お節介な話だ。

 

 

私がここにこんなに書き記してるってことで、察しのいい方ならもうとっくにお分かりかと思うのですが、映画館で観てよかった作品です、もちろん。いくつになっても自分の固定概念をグッズグズに壊してくれる映画があるというのは、怖くって、でも、良いものですねえ。

崩される人であり続けたいと思います。情けないようで、弱いようで、けどそんな単純なことじゃないでしょ、と思うので。もうお前何の話してるんだよって感じになってきてますよね、本当にわけわからんですよね。ごめんなさい。

 

 

締めます。

では。

10月

すっかり、秋になりました〜

 

今日は日曜日でおやすみです。

朝から雨がたくさん降っているのを、ちらりとカーテンの隙間から覗きつつ、雨音をBGMにして、心地よく、ひたすらうとうとしていました。良い休日です。

 

さっき起きて、ブランチを作って食べて、今また買った本など開きながらごろごろしています〜サイコーだ〜

 

最近購入したものたちをまとめようと思います〜

長野から帰ってきて、物欲が高まりすぎて、そして秋物が可愛すぎて、破産しそうなくらい可愛いものを買っています…

 

f:id:cocoanight0427:20161009122915j:image

 

まずはこの、スカートとバッグ。

オレンジと緑が可愛いサイケデリックな近代的(?)なスカートと、MARTEさんのoriginal velour bagです。黒、ピンク、オレンジ、グリーンと4色展開してて、悩みに悩んでオレンジにしました。優しくあったかい印象になれるオレンジだったから、すぐ顔が固まって人に不機嫌な印象を与えてしまいがちな私にぴったりでした。

 

f:id:cocoanight0427:20161009123332j:image

 

こちらも全てMARTEさんです、買い過ぎ、、、なのはわかっています、私が1番よく、わかっているつもりです、すみません、、。

 

でも可愛くて、、。

original socksも4色展開で、こちらは3色買っちゃいました♡グリーンがどんな服にも靴にもあってしまうので2足買いしたいくらいです。…後で買おう

 

ワンピース2着も、買うつもりなんてなく、むしろ靴やゆるっとしたあたたかいズボンを探しに色んな店をウロウロしたはずなのに、ふらっと挨拶気分でMARTEにはいったらあれれ、帰るときにワンピース2着が入ったショップバッグを持っている自分がいました、、あれ。

 

 

ぜんっぜん、後悔していないところが、救いようがありません。

 

 

 

こっちの赤と紺の?ワンピースだけ着た時の写真あるので、載せます。 

ゆりなが大学のキャンパス内で撮ってくれました。笑

f:id:cocoanight0427:20161009123756j:image

 

f:id:cocoanight0427:20161009123909j:image

 

スペシャルな1着…?

さらさらとした柔らかくて手触りがいい薄手の生地に、赤いお花と水玉の模様の切り替えがあって、左右にスリットが入っていて、裾と袖には赤い穴がぽこぽことたくさん作られていて…もう、もう、もう。

エスニックってどうしてこんなに可愛いんだろう。いろんな変わったエスニックたちを、集めたくなってしまいます…私にはオタク気質というか若干のコレクター要素があるので…それは、まずい…お財布が泣く…

 

宝物の1着になりました。

もう1つのグリーン系の薔薇のワンピースも、着たら愛を語りますね。笑

 

 

 

 

f:id:cocoanight0427:20161009124738j:image

 

そして最後に極めつけの、このお靴…。

こちらはヘイトさんで、アンティークルームの子でした…。

きらきらだけど、このきらきらは全然うるさくなくて、むしろ「主役級のお靴?合わせづらいかな?」と思ったけど全然で、いろんなタイプのお洋服に合ってしまう、魔法みたいな靴。

女の子と女性の境目みたいなお靴。ひとめぼれでした。ピンクも黒も白もグリーンも、なんでも合います。とっても優秀。

 

10月、まだ3分の1も終わってないのに、たくさん買ってしまったなぁ。働こう…。自炊を頑張ろう…お弁当を持とう…おにぎりだけど…(朝が弱いので、お弁当作るの苦手です)

 

 

さて、これからゆっくり準備をして、お出かけします。美味しいものを食べに行きます〜るんるん(可愛いもの費用と美味しいもの費用は別物らしい)

 

では

ヒトノハダ。

長野にいます。

 

毎日のように雨が降っていて、寒くて、もう何日もちゃんと太陽の光を浴びていないなあ、なんて思いながら、恋や愛の歌をなんとなしに聴いていたら、なんだかとても、しゅんとした気持ちになりました。

 

人肌が恋しい、って、いうのかな。でも、なんだろう。もっとすごく、なんか。こんな綺麗な言葉では的を射てくれない、そういう感情。

だってこれは、もっと生々しくて身勝手で、縋るような感じ。湿った柔らかい肌の感触も、数センチの距離でしかわからない本当の匂いも、ぜんぶ。誰かの其のぜんぶを抱き寄せたいとか、そういうこと。同時に私が持ってる其れ等ぜんぶで、その人を占領したくて。そういう生々しくて、ねとっとした感情を、人肌が恋しい、なんて、さらさらふわり、という響きの良い言葉で丸め込んでしまうの、ずるいよね、なんて思って。

 

 

f:id:cocoanight0427:20160924042618p:image

 

 

ふとたまに、本当にたまに、そういうことを無性に思うときがあるんだ。触りたいと想像するものが骨ばっていたり筋張っているものなのだから、やっぱり私は女なんだな。

あ、けど、鎖骨は女の人のも大好きだな。

 

 

…なんで私は突然、こんなこっぱずかしい事を言ってるんでしょう?気持ち悪いね。

 

 

朝になる。おやすみなさい。

 

BAYCAMP 2016

9月の頭に、BAYCAMPへいきました

 

f:id:cocoanight0427:20160915155527j:image

 

参戦2年目です。

今年は夜中に雨が降り、体力を根こそぎ持って行かれて大変でしたが、今年も、本当に本当に良いフェスでした。

 

 

 

 

 

 

ピックアップしてお話したいのが、My Hair is Badと、the pillowsと、忘れらんねえよについて。

 

 

 

まずMy Hairis Bad。数年前からある人のSNSの投稿の影響で、このバンドのことは知っていて、何度もYoutubeでMVをみては、はぁ、素敵だ…とため息をついていたものですが、数年越しでようやく、彼らのライブが観れました。

9月3日と9月4日のまさに境目、真夜中。夏の終わりの暑さと雨で体力が底をつきそうになって、頭がぼーっ、としていた私が、あのタイミングであのバンドのライブを観たってこと、私は絶対に忘れない。忘れられない。

どうしても涙がでてきちゃったな。

「戦争を知らない大人たち」で、Good night... Good night...と歌いかけられて、私は言葉が出なかった。

ワンマンに行きたいです。必ず行きます。

とても良いバンドです。誰か一緒に、行きませんか?

 

f:id:cocoanight0427:20160915161449j:image

 

 

 

 

the pillowsでは、ギターをかき鳴らすさわおさんがカッコよくて…キラキラした目で見てしまっていたと思う。大好きなfunny bunnyとハイブリッドレインボウが聴けました。ここは途中なんだって信じたい。と歌うさわおさん。うん、そうだ、そうですね。信じたいです。私はきっと、まだ途中です。人格も行いも言動も、すべて変えるのは難しいことだけど、私はまだ途中だ。まだどこかへ行ける。そう、信じたいです。

そうそう、大雨を降らせたthe pillows。雨男は誰ですか?

f:id:cocoanight0427:20160915161505j:image

 

 

 

ヘッドライナーの忘れらんねえよの柴田さんは、ダイブで酒買いに行って、一気コールで飲み干して、baycampへの思いを手紙にしてきたぞ!って言って、お客さんたちの掌の上に立って読み上げてました。
もう一回言うよ、これ全部ステージ上の出来事じゃなくて、お客さんたちの上での出来事。いい迷惑。最高です。
「家帰って寝りゃいいのに、こんなとこまできて朝まで音楽聴いてるお前らをロックンローラーと呼ばねぇで誰をそう呼ぶんだよ」って、柴田さんは言ってた。ほんとに、その通りだね。けど明け方に音楽かき鳴らして叫んで歌ってる人達とそれを支えてる裏方の人達、あなた達が1番ロックです。ありがとう。BAYCAMP大好き。
自分のことをロックだなーと思う事なんて残念ながら全然ないけれど、好きな音楽を貪欲に聴き続けること、それをロックと言ってくれる人がいるなら、私はその人達の中で一生ロックでいられる。のかも。と、思います。

忘れらんねえよ、の、トリ。最高にエモかった。

 

f:id:cocoanight0427:20160915161529j:image

 

昼は炎天下、夜は海風が吹いて寒くなる、雨なんて降ろうものなら、もう泣くしかない!その上オールナイト!地獄!みたいな過酷さなのに、なんだかみんなゆるゆるしてて、各自で好き勝手に時間を過ごすあの夜中の感じが大好きです。

BAYCAMP

良いフェス締め、良い夏締めでした。

また来年も行きたいな。

では。