読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cocoのポケット

好きなものでポケットをいっぱいにしたい人のブログです

古着屋さん


こんにちは。夕方です、寒いです。まだ4時半なのに、もう外が暗いです…?


今日は、私がbostonでよく行く古着屋さん紹介します。
こっちにいる友達には是非興味を持ってもらって行ってもらおうという魂胆。(?)
日本にいてこれを読んでくださってる人にはアメリカンな感じを伝えられるブログになればと思いつつ書きますね、うまくいくかわからないけれど…。 

ではさっそく。

f:id:cocoanight0427:20151201115531j:image

f:id:cocoanight0427:20151201115813j:image
(2枚目、秋に撮った写真なので髪が短いし黒いし何より薄着です)

THE GARMENT DISTRICTといいます。
harvard stationのおとなりのcentral(綴りあってる自信があまりありません…)で降りて、歩いて10〜15分くらいのところにあるお店です。


f:id:cocoanight0427:20151201115629j:image
1階はこんな感じにお洋服を床に山積みにしてあります…袋売りしているみたいで、色んな人がここからお洋服を探しています。

ちょっとここからお洋服を選ぶ気にはなれないので、私はいつも2階に行きます。

f:id:cocoanight0427:20151201120044j:image

f:id:cocoanight0427:20151201120058j:image

2階のお洋服たちはちゃんとラックにかかっています。とっても広くて、メンズもレディースもあって、何よりとってもお安いです。たまにvintage扱いで高いものもありますが、10$〜40$くらいでほとんどのお洋服が買えます。コートも20$くらいで売ってたりします…!色んな年代のいろんなタイプの古着が所狭しと並んでいるので、古着が好きな子同士なら、もしタイプの違う古着が好きでも2人とも素敵なお洋服に出会えるのではないかなと思います。
ただ自分好みで状態の良いものを見つけ出すには、ちょっぴひやる気と根性が必要です。でもそれさえあればすごくお得に可愛いものが買えちゃいます。

f:id:cocoanight0427:20151201120958j:image
この白いニットはここで買いました。
あと1個前の記事のお洋服たちは、全部GARMENT DISTRICTのものです。

ちょっと駅から歩くから、真冬、雪が降っちゃった後だと行くのが大変かなあと怯えているのですが、本当に良い所なので、みんな是非行ってください〜〜。わりと短いスパンでいろんなお洋服が売れて、また入荷して、ってやってそうです。行くたびに違うお洋服がたっくさんなので。



f:id:cocoanight0427:20151201122158j:image

もう一つのお店は、OONA'Sといいます。
こちらはHarvardの駅からHarvard book storeやアイス屋さん(J.P.LICKS…?)のほうに歩いて行って、山頭火を通り越したらすぐ右手に見えてくるお店です。

f:id:cocoanight0427:20151201122403j:image

雨じゃなければこうやってお店の外にラックがでていて、セール品が並んでいます。
中はGARMENT DISTRICTとは違って、小さめな空間にゆったりと、丁寧に選ばれたであろうお洋服が置いてあって、とっても落ち着く空間です。日本の古着屋さんに少し似ているかもしれません。

f:id:cocoanight0427:20151201122816j:image

ニューヨークでも着ていたこのコートと、さっきの写真のもう一つの赤いワンピースをここで買いました。こちらはとーっても安い!というわけではないけれど、すごくお気に入りかつ長く使えそうなものたちばかりです。



日本の私の大好きな古着屋さん達も恋しくて仕方のないこの頃ですが、帰国した時にこういう所で、こういうものを買いました!ってそのお店の皆さんとお話出来る日が楽しみです。


あと何回行けるんだろう…お財布としっかり相談しつつ、素敵なお洋服に出会える冬であるといいです。

また紹介したいお店増えたら書きますね〜
それでは〜〜