読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cocoのポケット

好きなものでポケットをいっぱいにしたい人のブログです

あの日の女の子



前回のブログで本当は意見なのか我儘なのか〜なんて考えていたら、思い出した事があって、なんか恥ずかしいタイトルと文章が出来上がりました。私は、厨二病という病からは、抜け出せそうにないです。


f:id:cocoanight0427:20151213012918j:image


はてなのブログを始めたのは2013年8月2日。最初にブログを書いた場所は、はてなじゃなくて、もう少し前。最初の投稿は消してしまったからもう定かではないけれど、確かパソコンを使わせてもらえるようになったのが中学生からで、その時に始めたから、2010年とか、2011年とかかなあ。


最初にブログを始めたのは、私がもう少し良い子で素直で人の気持ちを考えてニコリと笑える、そんな優しい女の子になれたらなぁ。そんなような気持ちがきっかけでした。ただ単に、私が思ったことを知ってほしい。そしてその事を書いた文章を誰かに読んでもらいたい、という気持ちもありました。

f:id:cocoanight0427:20151212181741j:image


当時使っていたブログはアメブロで、彼処は、私のもう一つの世界でした。今でこそ、友達に読んでもらったり、一部のSNSは家族でさえも閲覧してもらっているけど、あの時は静かに、秘密で、やっていた。ブログを書いていたのは、ある意味現実から切り離された、もう1人の、サイト上だけに存在できる私でした。それがCocoでした。当時は名前、少し違ったんですが。途中からCocoに改名しました。笑
Cocoはあの場所にいた沢山の人と言葉を交わして、思春期特有の傷や痛みを語り合ったことだってありました。今でもそれの名残りがあるから、色んなSNSの名前がCocoなんです。
  1. 人を傷つけない。
  2. 嘘はつかない。
  3. 情報は怖いものだと忘れない。
その3つを頭にいれて、Cocoはあの場所にいた。
「良い子で素直で優しい子は、きっと人を傷つけないよね。そして本当にそんな人になりたいのなら、嘘はご法度だよね。できるだけ現実の私に忠実にしよう。けれど何処かリアルでないように。情報は怖いものだと知っているからね。」






私がいつもは口では言えない心の内の事を、Cocoは言える。私が思ったことを私より素直に言えるのがCoco。これが好き、あれが嫌い。これが怖い。今日は学校でこんな嬉しい事と悲しい事があった。コメント欄は、共感で溢れ、しばしば憧憬の言葉を頂きました。その中にはきっとお世辞も沢山あったけれどね。

あれれ、Cocoが、現実の私よりもみんなからは良い子に思われているよ。おかしいな。Cocoは現実の私に、なるべく忠実に再現したはずだから、まだ優しい良い子になりきれてはいないはず。本当は根っこはまだとても、嫌な子のはず。
おかしいな。



月日は流れます。



高校生になって訪れた憧れの古着屋さん。現在は憧れどころか、とてもとても大切な場所になったそのお店の店員さんは、みんな私をCocoちゃん、と呼び、可愛がってくれます。

最近では、ブログを更新するたびTwitterに通知のつぶやきが出来るようにしています。Twitterは高校や大学の友達も見ているし、Instagramもプロフィールから辿っていけばわかるようにしているし、その逆も然りで、InstagramのプロフィールからTwitterにたどり着く事も出来るようにしています。
全部、繋がっているんです。

だから、友達の中にもCocoと呼んでくれる人がいます。Cocoはもう、ネット上だけに存在できる人ではないのです。どこにだって行けるのです。それはある意味、

  • 情報は怖いものだと忘れない
の約束をしばしば侵しているのかもしれません、が、Cocoが現実に存在できるようになった事で、思春期真っ只中にいた私の

  • 私よりもう少し良い子で素直で人の気持ちを考えてニコリと笑える、そんな優しい女の子
が、現実の私に溶け込み始めている、という事かもしれないのです。

f:id:cocoanight0427:20151212181406j:image

勿論、私もCocoもどちらも私ですし、多重人格云々の事を言っているんじゃあないです。
ブログを初めて5年くらい経った今でも、こんな女の子になりたい、という気持ちは無くならないし、これから先も、なくなりそうにありません。Cocoはこれから、何をしてくれるんだろう。Cocoは私になるんだろうか。私はCocoになれるんだろうか。元々憧れた女の子の要素を、Cocoは忘れないでいられるだろうか。私はその要素を、取り込んで汚してしまったりはしないだろうか。
怖いな。



ただひとつ言えることは、Cocoは私に色んな出会いをくれたという事です。ネット上で出会ってさよならした人もいるし、現実で出会って、初めましてCocoちゃん、と言ってくれた人もいます。思春期も受験期も今も、ずっと。そうでした。きっとこれからもそうなんだろうな、というか、そうしていたいな。

そう思って私は、この世界でまだ、Cocoを名乗ろうと思います。