読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cocoのポケット

好きなものでポケットをいっぱいにしたい人のブログです

むらさきとムーミン谷

髪を染めました。むらさき色です。
クールなようで、自然光にかざすとさらさらと透けて、少しピンクが入ったような可愛らしいむらさきになるのがすごく好きです。
いつものように、coiiで。

f:id:cocoanight0427:20160609120608j:image

全休を利用して、とても可愛いところへ行きました〜

f:id:cocoanight0427:20160609120650j:image

ムーミンの世界。奥に見えるのはムーミン屋敷です。中は3階建てになっていて、くねくね複雑な作りで、キッチンやテーブルやソファーが置いてあったり、ムーミンたちの言葉が書かれた木のプレートがあったりして、とても可愛かったです。

f:id:cocoanight0427:20160609120815j:image

水浴び小屋も。池にはなにかが泳いでました。



スナフキンは言いました。
「なんでも自分のものにして、もって帰ろうとすると、むずかしいものなんだよ。ぼくは、見るだけにしてるんだ。そして、たちさるときには、それを頭の中へしまっておくのさ。ぼくはそれで、かばんをもち歩くよりも、ずっとたのしいね。」

かばんのくだりは、私が大好きなあの人も唄っていることで、やっぱり彼らは似ているなぁと思いました。誰だか、おわかりですかね、おわかりですよね、あぁ恥ずかしい。


ムーミンは、お話の中で、スナフキンのことを心から尊敬しています。かっこよく描かれるスナフキン、彼は作者のトーベヤンソンさんの恋人がモデルになっているのでは、という説もあるようです。
あぁ、これがもし本当だとしたら、トーベヤンソンさんは本当にその人のことが好きだったんだなぁ。だからこそ、こんなに厳しくて温かくて素敵なキャラクターが生まれたのかもしれないなぁ、なんて思いました。
好きな人のこと、どこかひとつでいいから、ずっと尊敬できることができていたら、きっとずっと好きでいられますね。


尊敬される人になるには、どうしたら良いんでしょう。
人を尊敬し続けるには、どうしたら良いんでしょう。


これから大学です。
週末にはまた素敵なところに行く予定があります。はぁ、楽しみだなぁ。どきどきします。

では