読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cocoのポケット

好きなものでポケットをいっぱいにしたい人のブログです

クリスマスとお部屋

 

12月になりました。

f:id:cocoanight0427:20161205230022j:image

 

f:id:cocoanight0427:20161205230459j:image

 

f:id:cocoanight0427:20161205230543j:image

 

去年のボストンでのクリスマスが、夢のように楽しくて、幸せだったなぁ。なんて思い返しています。

 

 

今年は日本で。

街では、イルミネーションが本格的に点灯しはじめて、いろんなショッピングモールも、クリスマスの飾り付けがいっぱいです。私が今働いているパン屋さんにも、大きなリースが飾られています。シュトレンやクリスマスのクッキーをお作りしてますが、すごく沢山売れます。いいなあ、私も早くたべたい。シュトレン。

 

とか、なんとな〜く考えながら今日の夜にテレビを見ていたら、今週の「グレーテルのかまど」が、シュトレン特集でした。

 

f:id:cocoanight0427:20161205230740j:image

 

思わず画面をぱしゃり。

f:id:cocoanight0427:20161205230805j:image

グレーテルのかまどは、NHKで放送されている、お菓子作り番組です。瀬戸康史さんが、毎日ヘトヘトになって帰ってくるお姉ちゃんのために、魔法のかまどと一緒にお菓子を作ってあげる、というストーリーなのです。

毎回、2人の掛け合いが可愛くて。ゆったりまったり、観てしまいます。私自身がいつも月曜の夜に家にいる、というわけではないので、毎週見られるわけではなく、今日はそれこそ、久しぶりにリアルタイムで観られたのですが、相変わらず、ほっこりしました。

 

f:id:cocoanight0427:20161205231135j:image

 

グレーテルのかまど」は、セットが本当にかわいいんです。ぱっと見、ヨーロッパの家庭のキッチン、みたいだけど、よく見ると木枠の窓やガラス、天井はまさに、日本の昭和の家のそれ。壁、床、家具を暗い色を基調としたもので揃えたのに対し、小物や食器を洋風なもので揃えているのが、これまた絶妙なセンス、、。古民家を改装してこんなに可愛くしてしまいました!の代表だとおもいます。すごく可愛い!

すっごーくたまに、キッチンだけでなくリビングなどの別のお部屋も出てくる回があって、それも本当に可愛いお部屋なんです。すべてが完璧なバランス。誰が空間のディレクション?を、しているのでしょう、すごいなぁ、、、知りたいなぁ、、、。

 

 

空間の可愛さといえば、最近、クリスマスのUNIQLOのおくり物のCMのお部屋も可愛くって、ドキドキしています。

 

f:id:cocoanight0427:20161205232336p:image

 

ていうか、またCharaさんですね。マイブーム(?)なのがばればれで、恥ずかしいです。

 

f:id:cocoanight0427:20161205232352p:image

 

f:id:cocoanight0427:20161205232411p:image

 

後ろのモミの木に、たくさんオーナメントをつるさず、天井からつるすお花達で空間を華やかにしているのが、わぁ、なんて素敵なんだろう。edenworksの篠崎さんの世界みたい!と思ってたら本当にそうでした。

 

せっかくのモミの木。ゴテゴテに飾らなくても、モミの木の生命力が持つ美しさみたいなものだけでも、十分ですよね。

でもクリスマスのオーナメントって、可愛くて仕方がないんだよなあ。買いたいし、集めたいし、飾りたい。おおいなる矛盾です。こまった。

 

 

 

f:id:cocoanight0427:20161205232246p:image

 

f:id:cocoanight0427:20161205232445p:image

 

f:id:cocoanight0427:20161205235538p:image

 

夜ver.

夜のモミの木は無数の小さなライトを身に纏って、ちょっとおめかし。照明も家具も楽器もぜんぶが可愛い…

Chara×edenworksのコラボって、やさしい気持ちのPVをはじめとして繋がりを何度も見ていますが、ふわっとやさしくて、だけど芯がしっかりしている。っていうことを毎回思います。…自分の語彙力のなさに泣きそうです。

 

 

 

グレーテルのかまども、UNIQLOも、2つとも可愛いなあ。こんな素敵な空間、どうやったら作れるんでしょう。

私の夢はいつか自分の家を持ってそこを自分のお城とすることなのですが、今の私のセンスや知識では、ぜったいに、うまくいかないなあと思っています。とにかく今は、いっぱい色々みておこう!と思っていますが、こういう空間を作る方のお話、聞いてみたいものです…。

ちなみに、登場するお家でなんて可愛いの!と思う映画って勿論たくさんあって、日本の映画だと「西の魔女が死んだ」は王道だなぁと思います。おばあちゃんの家のキッチンは勿論、まいのお部屋のベッド周りも可愛かった覚えがあるなぁ。あと、「縫い裁つ人」も素敵です。お洋服も空間も最高なのですが、あの映画は、なんといってもお日様の差し込み具合がとっっっても、素敵です。玄関のステンドグラス、洗面所の朝の日差し。アトリエの木漏れ日。お日様とお家の関係の大切さを感じる映画でもあります。

 

 

 

なんて、妄想してるのはいいけど、そんなことより、お家を建てられるくらいの生活ができるよう、ちゃんと働き口を探しなさいね…?いう話なのですが。。。そう、、、就活の時期が刻々と迫っています、こわい!

 

 

自分のしたいこと、自分の求める生活、沢山考えて、考えて、嫌になって。でもまた、考えて。当たり前だけどすぐにはっきりとした答えは出なくて、頭がキリキリしてきます。

 

難しいですね。けど沢山の人が、通る道ですね。

 

f:id:cocoanight0427:20161205234255j:image

 

これ、今の私のお部屋の壁です。ちょっぴり冬を意識したつもり、の、壁です。右側が、特に。Nutcrackerの広告が飾られているあたりが、特に。

眺めていると、ほっとします。こういう時、やっぱり、生活は大事。と思います。けれど自分が世界とどうかかわるのかも、また大事。誰かに認められたい気持ちは、恥ずかしい事でもわるいことでもないわ。投げやりはやめて、ちゃんと考えます。がんばります。