読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cocoのポケット

好きなものでポケットをいっぱいにしたい人のブログです

ハッピィ サンディ

久しぶりのすっかりおやすみな日曜日は、貧血定例会でした。(もう細々した説明はしません、ひぐまとさくらちゃんと私で遊ぶ会です、その認識でお願いします)

 

 

ひぐまリサーチで、代々木八幡の駅のすぐ近くにあるmimetというカフェにいきました。

 

 

f:id:cocoanight0427:20161219014851j:image

こういうところで、うんと濃いブラックコーヒーを甘いものと合わせて飲むこと。最近、とっても好きになれました。大人になったなあ。

 

f:id:cocoanight0427:20161219015524j:image

 

ひぐまがインスタに載せていた、お店の可愛い壁。お店の中、アットホームな感じでちょうちょう可愛かったのに、写真撮らなかった!バカな私!と思っていたところにこれなので、勝手にスクリーンショットして、勝手に載せちゃう。私。

 

f:id:cocoanight0427:20161219015622j:image

さくらちゃんがインスタに載せていた、今日の可愛いヘアアレンジ。可愛いヘアアレンジで何度も褒めたくせに写真撮り忘れちゃった!バカな私!と思っていたところにこれなので、勝手にスクリーンショットして、勝手に載せちゃう。私。

 

 

 

…なにアホなことしてるんですかね。すみません。これ実は書いてるの帰って来てすぐの深夜なんです。ご機嫌なんです、2人が大好きなんです、親バカならぬ、友達バカみたいなやつなんです(?)、許してください。

 

 

 

…気を引き締めて。そしてとっても久しぶりに、edenworks bedroomにいきました。場所は代々木八幡と代々木上原の間。基本的に土曜日と日曜日にだけ、ひっそりと開く、不思議なお花やさん。

 

前日のブログにも書いたんですが、日曜に学校もバイトもなく、という日は本当に久しぶりだったこともあり、もう、ちょう久しぶりのedenworks bedroomでした。店内の写真、撮影させていただくのを忘れて帰って来てしまったのですが(ほらまた、バカな私!)。

ワンルームの部屋にどんっ、と置かれた、大きなガラスケースに入れられた真っ白なベッド。その上に、それはそれは沢山の変わったお花達が並んでいて、本当に素敵なところなんです。

 

f:id:cocoanight0427:20161219013143j:image

 

今年最後の購入になるであろうお花たち。真っ白な丸い子も、つるっとしてシュッとした赤い子も、雪が似合いそうな緑の子も、かわいくて美しくて、ずっとみていたいです。

 

 

 

 

せっかくだから、お花について想うことを書かせてください。


私は雑な人間なので、お花という可憐で、かよわく愛しい、小さな命を扱うことが怖かった。怠惰な私は、それを扱う資格がないとさえ思ってた。だけどそんなことはないと知れたのは、他でもない、edenworks bedroomのおかげ。


2015年のある日、花は本当は、信じられないほど強いんだと知った。私が思っているより彼らはずっと強い。1ヶ月もたたないうちに、終わりを迎える、小さな命。そんな子達を私の部屋へ招くことの沢山の意味の中の、ほんの少しを知りました。花を扱うことが、前ほど怖くはなくなりました。


2016年のある日、悔しい事があった日。ひとりぼっちの部屋に、ひとりぼっちで、強張った顔で、帰って来たとき、なんとなく買って生けていた花を見て、気持ちがゆるんで、わんわん泣けた。強張った顔でいるより全然ラクだった。もういっかいその花に目を向けたときに、その花の生命力を視た。ぴたっ、と泣きやむことができた。心が澄んでいた。

 

2017年は、どんなことに気づけるかな。

 

ドライフラワーもプリザーブドフラワーも、大好きよ。だけど私は、咲いたら必ず枯れていくお花の価値も強さもちゃんと知ってる。
これって、すごく素敵な事だと思うの。
自分で自分のために花を買うことはね、誰かから花束を貰うことの喜びとはまた違う喜びがあるんだよ。誰かにさぁ、伝わったらいいな。

 

 

 

振り返りと反省と、こうなりたいって欲。

年末はこんなことばかり考えます。

大事な事だけど、それだけじゃダメだよ。行動で示しなさい。ほら早く、自分の住まいの大掃除をして。って、誰かが言っていそう。そうだよね。そうしよう。今年はまずは、玄関からやるね。

 

終わるかな、終わるよね。

どうせギリギリだと思うけどね。