Cocoのポケット

好きなものでポケットをいっぱいにしたい人のブログです

夏祭りの屋台について

この夏は嬉しいことに、花火大会や夏祭りにいくことが例年より多い。

f:id:cocoanight0427:20170821143943j:image

 

最近の夏祭りの屋台は、すごい。なにがすごいってね、グローバル化と化学の発展に伴う屋台の進化ってやつ。これよ。

 

私が小さい頃は、プラスチックの宝石とか、着色されてしまった青やピンクのひよこだとか、無駄に長いポテトとかが流行っていたように思う。型抜きとかもよく見たけど、そう言えば今年は見ていないな。小学生か中学生くらいの頃、冷やしパインの屋台が年々増えて行くのをみて、嬉々としていた。衛生管理云々がやり易くなったことで売れるようになったのだろうか、冷やしパイン。なんて考えていた覚えがある。だって、好きなんです、冷やしパイン。

 

 

 

そんな科学の進歩による屋台の流行の移り変わり。今年の大賞は「電球ソーダ」でしょう。間違いなく。

電球ソーダとは、チカチカ光る電球がそのままカップになって、くねくね曲がるストローがついている飲み物(韓国発祥らしい)だ。今年はそれらを、小さい子供から大人までみんな狂ったように手に持って写真を撮る、という光景がそこかしこに見られた。確かに、発色のいいピンクや青や緑のキラキラ光るそれは”インスタ映え” する。

先日、箱根強羅のお祭に行った時に近くにいた、中学生くらいの浴衣の女の子2人が「ピンクはまだしも、青や緑の電球ソーダは顔の近くに持って行くとオバケみたいな写りになるからダメだとおもう」と言っていた。真剣に話し合っている姿がおかしく、でもなんだか可愛らしいふたりだった。インスタで検索してみたら(すぐできちゃうあたり、まだギリギリついていけてると思う)、確かに電球ソーダの写真はみんな俗にいう”ブツ撮り”が大半でした。彼女達が言っていた「電球ソーダと私達」の写真を撮るにはヤツはあまり向かない論、はどうやら間違いないらしいです。

 

そういえば食べ物部門では”鉄鳥板皮焼”なんていう読み方も実態もよくわからない、ただ、ひたすらにいい匂いを漂わせている屋台なんかもあったな。(今書いていて思ったけど、鉄板で焼いた鳥皮ってことなのかしらん。普通やん。)

 

 

 

屋台のことをあれこれ考えるのも、面白いね、という話でした。 

 

 f:id:cocoanight0427:20170821145216j:image

 

あ、そうそう、私の”お祭りの屋台の好物”不動の第1位は、かき氷、いちご味。これはゆずれません。
だからなんだって、ね。

 

f:id:cocoanight0427:20170821145145j:image

雨の降る

こんなにたくさん、ながい間、どこにストックを抱えていたの?というくらいの、雨ですね。

 

午前中に晴れ間があるのを見て、ベッドリネンを総洗いしましたが、こんな天気なので全て部屋の中に吊るしています。

 

f:id:cocoanight0427:20170801173652j:image

 

なんだかモンペとか、工事現場の人が履くあれ、えーと、ニッカポッカ?みたいで、可愛いです。

 

 

冷蔵庫には、今夜の夕食を作れるくらいの食材が十分に入っていて、部屋もそこそこに片付いていて居心地がいい。外はこっそり警報が発令されるくらいの土砂降り。夏休みが始まり、8月も初日だというのに、予定を作りそびれてしまった。

 f:id:cocoanight0427:20170801180846j:image

 

数日前に駅前で買ったお花も、まだ元気。もう、部屋を出る理由がひとつもありません。

 

 

外のみんなはなるべく地下道を歩く距離を長くしようと必死。それでも傘をさして、靴を濡らして、それぞれの目的地へ向かう。そんな中、私は部屋のベッドの上で本を読んだり眠ったりして、のうのうと過ごしてる。今日みたいな雨の日にぴったりの音楽はなにかな、とiPhoneのミュージックを弄ってプレイリストを作って流したりしてる。音楽が好きな醍醐味のひとつって、こういうところかなと思います。今自分が聴きたい音楽は何なのか、自分で探り当てることができる。そういう術。技。

 

あとは、雨の日特有のほの暗い光や、雨音に自分は守られている、という気持ちになるときもあります。四角い部屋に囲われて、外と遮断されて。何日も続いてしまうとそれはそれは憂鬱になるのですが、1日だけ、と限定すれば本当に最高。

 

 f:id:cocoanight0427:20170801180726j:image

 

 

なんていう、今思った、雨の日大好きって話です。くだらないけど。でも最近、こういう、なんでもない日常に対して自分が思うこと、を言葉にできたのは、ちょっと久しぶりで、ちょっと嬉しいです。久しぶりに、文章が書けたな、と思っています。最近ダメで、ちょっと落ち込んでいたので。ちょっとって、使いすぎですね。

 

心がふと動いたとき、それを言葉にする力を、私はまだ失いたくないです。魔法みたいだと、ずっと思ってきたから。人が使える魔法があるとしたら、それは言葉だと今でも信じているから。

 

自分の感性をひもじくしてしまうのは、自分だよ。娯楽はいい。快楽も大いに結構。だけどそこから学びを探ることを止めるのは、違うだろう。恥ずかしく生きろよ、負けんじゃねえよ人間。

 

って、あの人は言っていた。その通りだな。

 

 

さーて。ごはんつくろう。

今夜は豚キムチにしめじの味噌汁、大根のお漬物です。

梅雨

夏至が過ぎ、芍薬が姿を消しました。あのぎゅっと硬く閉じた蕾の中に閉じ込められた100枚を超える花びらは何も惜しむことなく一斉に咲いて、一斉に落ちていった。なんて美しいんだろうなぁ。

 

梅雨はまだ明けずですが、今年は、あまり気温が高くないからかな?例年より過ごしやすい気がします。季節の変わり目には決まって体調を崩す私ですが、珍しく平和に過ごしています。油断は禁物だけれど。と言いながら自分を酷使する生活ばかり送っているけれど。笑

 

f:id:cocoanight0427:20170630124706j:image

 

先日、ベッドカバー類を全て新調しました。もう直ぐ夏だし、と思って白を選んだのですが、朝目を覚まして、ベッドの中から手だけ伸ばしてカーテンを開けて(ベッドの中でうじうじしたいので私はいつもそうやって起きます)その時、部屋の明るさが全然違うことに気づきました。

そうなるだろうなぁ という予想はしていたのですが、予想以上でしたし、そんな事だけで自分がこんなに気分良く目覚められるなんて、思いもしませんでした。

 

 枕は、priv.spoons clubのもので、誕生日にプレゼントして貰いました。ふわふわしていて触れ心地も最高で、ほんとうに良い枕です。

毎晩幸せな気持ちで寝ている。

 

 

f:id:cocoanight0427:20170630125325j:image

 

話は唐突に変わって。三茶にあるNicolasというお店に初めて行ったのですが、空間も出てくるお菓子も珈琲も素晴らしかったです。

NHKの朝ドラみたいな感じ。って私は思いました。みんなに否定されそうな気がしますが。。白か塗られた木の枠の窓(それもサッシ)と、ひとつひとつちがうテーブルや椅子。壁一面に並んだ本棚。私は本棚という本棚が大好きで、誰かの家へいくとどうしても本の並びを嬉々としてチェックしてしまう癖があります。

 

はー、今度本を持ってひとりでふらりと、行こうと思います。

 

f:id:cocoanight0427:20170630125404j:image

 

この前読んだのはこれ。王道だけど、読んだことがなかったので、上下巻、父に借りました。これでもかというほどねじれていて、悲しみに満ちていたけど、ここに書かれている悲しみは私達に突然に、理不尽に、そして避けようのないシチュエーションで起こりうる事だなと、悲しくなりながら読みました。

 

次は何を読もうかな。

 

 

梅雨っぽい、少しテンションが上がりきらない文章になりましたね。そういう日も、良いですかね。

へへへ。

オチビサン展


去年の夏ぶりに鎌倉へ行きました。
ちょうど薔薇の時期だ!ということで、まず鎌倉文学館へいきました。

 

f:id:cocoanight0427:20170525143926j:image

 

f:id:cocoanight0427:20170525143947j:image

 

f:id:cocoanight0427:20170525144001j:image

 

f:id:cocoanight0427:20170525144025j:image

 

 

満開でした〜。薔薇園のところは本当に日差しが強くて、クラクラしてきそうだったのでパパッとみてすぐ、退散してしまいましたが…。鎌倉文学館は、周りの小道がとても好きです。

 

f:id:cocoanight0427:20170525144055j:image

真夏でも涼しいです。

 

 


疲れたので喫茶店にいこう。と思い、私のiPhoneちゃんに記録してる、いきたいごはん屋さんリストを開いたら、鎌倉にもいくつかあって、ちょうど近くにいたこともあり、ミルクホールへ行きました。

 

 f:id:cocoanight0427:20170525144302j:image

 

f:id:cocoanight0427:20170525144315j:image

 


アイスコーヒーが美味しい季節になりました。濃いアイスコーヒー、家でも淹れたいんですが、何を揃えればよいのでしょう。自家製プリンももちろん、すごく美味しかったです。くるみが乗ってました!

 

 


そしてあの日のメイン いちばんの目的。オチビサン

 f:id:cocoanight0427:20170525144410j:image

ゴジラエヴァで有名な庵野秀明監督と、働きマンさくらんで有名な漫画家の安野モヨコ。という、史上稀に見る最高な日本ならではのオタク夫婦がいるのですが。(知ってました?この2人、夫婦なんですよ!)
そのアンノ夫妻の鎌倉の邸宅で、展示会がある…ということで、無理やり時間を作って、行ってきました。♡


だって、実際のお家ですよ?普段は、その夫婦が、住んでいるんですよ?もちろん東京の方にも住居はあるようですが、それにしたって…庵野秀明監督(カントクくん)と安野モヨコ(ロンパース)の夫婦生活を安野モヨコ自身がコミカルに描いたエッセイ漫画「監督不行届 | MOYOCO ANNO」(コレ、本当におすすめです)で登場した、“昭和の和洋折衷の古民家” そこにファンである私が足を踏み入れられるって!なにそれ!そんな事、あっていいの?!って、もう大興奮でした。

 

f:id:cocoanight0427:20170525144440j:image

 

f:id:cocoanight0427:20170525145029j:image

 

 

f:id:cocoanight0427:20170525145004j:image

 

f:id:cocoanight0427:20170525145049j:image

 

f:id:cocoanight0427:20170525145104j:image

 

 

 

 

 

鎌倉の木々の中で鳴く鶯。岩肌から吹いてくる冷涼な風。昭和30年代に建てられてから、何度か持ち主が変わり、その都度お手入れされながら今もなお生きている日本家屋。安野モヨコが選び抜いたであろう照明器具やソファ、鉱物、棚、テーブル、書物、床についたジャックの爪痕、木枠でできた窓や壁、暖炉、梁の至る所まで、私のときめきの対象でした。

 

f:id:cocoanight0427:20170525145644j:image

 

そしてなにより、ひとつひとつ丁寧に作られたオチビサンとキモノガールズの原画。全部、全部、合わさって、何度も泣きそうになりました。

邸宅内は作品も含め全て撮影可能だったので、たくさん、たくさん撮ってきましたが、実際の繊細さや美しさは私が撮る写真なんかじゃ絶対伝わらないこと、撮っている最中から思っていましたが、やはり、です。。。
原画って、不思議なもので。みていると、フッと吸い込まれてしまうような感覚になって、その数秒後、じわっと視界が涙で滲む…という事があるんです。毎回では、ないのですけど。だから、心の琴線に触れる、とはこういう事なんだろうなぁと思います。思いもよらず、ぽろぽろと涙が溢れてくるの。不思議だね。


私は、先程ご紹介した「監督不行届 | MOYOCO ANNO」が大好きなのですが、その中でもずっと忘れられない言葉があります。庵野監督の、後書きの一節です。

著作権の問題上、載せてはいけない気がしています…ので、こういう感じのことを仰ってます、という書き方で失礼します…(それでもいいのだろうか…ダメだったらご指摘ください…すぐに消します…)

 

ウチの嫁さんは、気丈な女性のイメージを持たれがちですが、本当はものすごく繊細で脆く弱い人です。自分の過去や現状から「強さ」という鎧をまとわなければならなかっただけです。彼女の精神は毎日ギリギリのバランスなのだと感じます。だからこそ、自分の持てる仕事以外の時間を全て嫁さんに費やしたい、そう思って結婚をしたし、この先もずっと守っていきたいです。

 

なんて素敵なんだろう。と思います。きっと庵野監督もそういう、世間からだったり周りの大人からの何かしらのイメージを強く持たれていて“鎧をまとわなければいけない時”がある方なんじゃないかな?と思います。

おふたりとも、お互いを必要としていて、お互いを支えているんだな。と感じます。いつか私も、そんな関係を築けたら、どんなに素敵かなぁ。素敵な夫婦の、1つの形。いいなぁ。

 

 

すこやかな気持ちになって、アンノ邸から鎌倉駅までの道のりを帰りました。
素敵な日でした。

 

 

 

Birthday Party

こんばんは。

毎度のことながら、お久しぶりですね…。定期的に文章を書きたい、と常日頃思ってはいるのですが、怠惰な私には習慣づける、ということがとても難しくて…。特に最近は物理的にも気持ち的にも忙しい日々だったので、いろんなことを疎かにしてしまっていました。少々落ち着きが戻ってきた…かな…?という感じなので、色々、書こうと思います。

 

私ごとですが、2017年4月27日に、22歳の誕生日を迎えました。22歳ですって。。。。言い逃れなぞできない、紛れも無い、大人の数字ですね…。中身はどこか抜けてて、だらしなくて、好きな物のことばーっかり考えて、ぺらぺらお喋りをしてるのが大好きなただのガキんちょなのですが…いいんでしょうか…ダメですよね…

 

今年の目標、大人の色気を醸し出せるようになる事!!なので、がんばります。

 

 

 

 

 

 そんなガキんちょな私ですが、牛カフェで、誕生日会をやらせていただきました。自主開催です!笑

 

f:id:cocoanight0427:20170521003529j:image

 

恭平さんが作ってくださった、バースデーケーキです!クリーム部分がチーズケーキになっていて、スポンジもふわふわサクサクで、本当に美味しかったです。

 

f:id:cocoanight0427:20170521004207j:image

 

当日は、チラシ(?)も作りました〜。就職活動真っ只中の学生が何をしてるんだって感じですが、折角の機会だもの、楽しみたくて。だって、カフェを貸し切って自分達で誕生日会をやらせて貰えることなんて、一生で考えたって、早々ないでしょう?

 

f:id:cocoanight0427:20170521004251j:image

主役の3名です。みんな、22歳になりました。

3人で沢山プレゼントもいただきました。私の大好きな高校と大学の友達が初めましてをしていて、そのまま仲良く歓談してくれていて、美味しいご飯とお酒を、大好きな場所でいただける夜、プレゼントも貰って、ああなんて嬉しいんだろう〜これ以上の幸せは、ないわ〜。

なんて思っていたら、最後に、目を瞑って〜、と言われまして。数秒後、もういいよ、って言われてパッと目を開けたら、目の前には見た事ないくらいおおきな花束…。

さっきないと思った“これ以上の幸せ”すぐそこにありました、、。

 

f:id:cocoanight0427:20170521005924j:image

私の歳である22本の薔薇で作られた、抱え込むくらい大きな花束。目の前にある花束を見た瞬間、びっくりして、現実味がなくて、え、どうしよう!と思ったものですが、恥ずかしさよりも先に嬉しさがこみ上げてきて、この表情です。22本ぶんの重みのある、真っ赤な花束を抱えて夜の道を帰るとき、やっと実感が湧きました。

ほんとうに、ありがとう。

 

 

f:id:cocoanight0427:20170521005830j:image 

 

三茶にきて、よかったです。牛カフェに出会えてよかったです。

インスタでも少しお話したのですが、私は自分のこと、たいした人間だとは思っていません。美人では絶対ないし、そんなに可愛くもないし、可愛い仕草もできない。なのに新しい服を着た時や、新しい場所へ行った時は、よく写真を撮ってもらいたがるし。器用にこなせる事もあるけど、全くできないことも沢山あります。(いつも決まった場所に物を置く、とか、食器の洗い物は食後すぐにやる、とかね)そのくせ自分のことがとても好きで大事で、すぐ、欲を出します。

とにかく、特別なことなんて1つもなくて、自信がなくて、その癖、自分が好きで、そんな私のままで人と一緒にいたがる私は、自分勝手な人だ、と思って生きてきました。誰かと一緒に。それはずーっと、思っていることなのに、一緒にやろうよ!の一言がいつも、言えないの。別にひとりでも、楽しいもん。て、言っちゃうの。そしてどこかで、寂しがるの。

そんな天邪鬼な私が、自分で誕生日会をする、なんて、思ってもみなかった。やる事が決定した後も、誰もきてくれなかったらどうしよう…?とか、迷惑になってるんじゃないかな…?という事ばかり考えていたのです。笑だから当日、主催者3人の友達でいっぱいの牛カフェを見て、心から嬉しくて、幸せでした。

 f:id:cocoanight0427:20170521013102j:image

f:id:cocoanight0427:20170521013121j:image

 

別日に祝っていただいたときの私。この日も好きな人と美味しいものを食べる幸せって…!と顔がキラキラしてました。ありがとう。

 

 

昔の自分に、教えてあげたいな。思いもよらない形で、あなたは、ちゃんと生きていくよ、って。楽しみにしておくといいよ。って。ちゃーんと、愛してもらえるよ、って。…これからもずっと、もっと、そうだといいな。と思ってしまう私は、本当に欲張りだなぁ。

 

 

神様、どうか、欲張りだからって天罰を与えないでね。私もちゃんと、愛して行くから。

 

22歳の私もどうかよろしくお願いします。

 

 

(いつも以上に自分ばかりのブログになってしまって、恥ずかしいです。日にちが割とたってるからさらに恥ずかしいです。温かい目、もしくは薄目で見てもらえるとありがたいです。)

I still love you

f:id:cocoanight0427:20170420013808j:image

 

私の友達、なつこ氏が作品撮り(?)をしてくれました

 

f:id:cocoanight0427:20170420013913j:image

f:id:cocoanight0427:20170420021254j:image

 

f:id:cocoanight0427:20170420013934j:image

 

f:id:cocoanight0427:20170420014137j:image

f:id:cocoanight0427:20170420014228j:image

 

f:id:cocoanight0427:20170420014023j:image

 

f:id:cocoanight0427:20170420021320j:image

テーマはI still love you。なっちゃんには明確なイメージがあるようです。ただ、私は、勝手ですが、みんなに、これを見てどんな想いなのかなとか、どんなストーリーが想像できるかしら?と考えて貰えたら、嬉しいです。

 

 

お風呂での撮影とかは特に、なぜか無性に楽しくなってしまって笑わないのが難しかったけど、実物の何百倍も素敵に撮ってくれていて嬉しかったです。私は美人とか可愛いとは程遠いけれど、私らしさというか、私自身が思う私らしさと、他の人が思う私らしさ。その2つを、瞬間瞬間で捕らえてくれるなっちゃん、流石です。好きな事をしている時のなっちゃんは、パワーがあるなぁ。すごいなぁ。

 

 

 

 

好きな事って、何なのでしょう。私は、どこへ向かえば良いのでしょう。ずっと曖昧で、ずっと不安です。何も持たずに荒野へ飛び出す覚悟を、先人の冒険者たちは、なぜ手に入れることができたの?

 

何かに大事にされたいとか、何かを大事にしたいとか。当たり前の様にみんなが思う事だけど、それがなかなか難しい。好きな事をして生きるには、何が必要で、何を捨てなくちゃいけないんだろう。好きな事を仕事にしている友人や知り合いを見ていると、キラキラした気持ちになると同時に、どこか後ろめたくて苦しくて泣きたい気持ちになる自分がいます。それは、今、私が選ぼうとしている道が、正しくない、という事なのかなぁ。

 

そんな事は嫌だなぁ。思いたくないよ。

 

 

 

 

今夜はちょっと寂しくて悲しい。そんな春の夜でした。キツイなぁ。けど、こういう日もありますよね。次は、ニコニコで書きます。では。

 

チャーミングな旅

この前、日暮里のダージリンというお店に行きました。

 

f:id:cocoanight0427:20170410012415j:image

 

f:id:cocoanight0427:20170410012536j:image

 

f:id:cocoanight0427:20170410012830j:image

 

久しぶりのゆりなさんと。天国が、ここに…?!って感じで、2人で死ぬほどはしゃぎました。だってだって、すけすけのピンクとイエローのキラキラの布とか謎の絵画とか、小さな扉とか偶像とか、沢山のクッションとか、もう全部、ぜーんぶが可愛かったんですもん。

カレーもちょう美味しかったです。チキンカレーとエビのはいったカレー(名前忘れました…)を食べたのですが、辛すぎず、よかったです!ナンも熱々ですごく大きいのがでてきてびっくり、。幸せでした。

チャイも飲みました。ここのチャイは、スパイシー!というより、濃いお味のチャイという感じです。

 

 

 f:id:cocoanight0427:20170410013246j:image

 

ゆりなちいさい。かわいい。

本当にオススメなので是非行ってみてください。

 

 

 

f:id:cocoanight0427:20170410020723j:image

 

ダージリンの後は、六本木の森美術館でやっているnsハルシャ展へいきました

 

f:id:cocoanight0427:20170410020552j:imagef:id:cocoanight0427:20170410020612j:imagef:id:cocoanight0427:20170410020623j:imagef:id:cocoanight0427:20170410020633j:imagef:id:cocoanight0427:20170410020706j:image

 

「n.s.ハルシャ展-チャーミングな旅-」というのが正式名称。南インドに現在も在住している作家さんの個展です。

現代アートで、社会的問題を暗示してたりもしますが、宇宙や生と死、人、動物、といった私達にも馴染みのあるものを主なテーマにしてらっしゃるので、比較的入りこみやすい個展です。暗い気持ちばかりにはさせない、未来への希望や願望、祈りも感じる作品たちでした。

特に嬉しいのが、この個展、会場のすべての作品が撮影OKなのです。チャーミングでシュールな作品と写真が撮れちゃうなんて、10代から20代の人達は特に楽しいんじゃないかなあと思います。残念ながら若い男の子や女の子はあまりいなかったけれど、是非お友達をお誘い合わせの上、行ってみてね。新しい発見にクスクス笑い合うことができると思います。

 

f:id:cocoanight0427:20170410022741j:image

ちなみに私はこの作品と一緒に撮った写真が大好き。笑

「道を示してくれるひとはいた、いまもいる、この先もいるだろう」というタイトルだったと思います。

楽しいとかおもしろいとかシュールだな、とかいう感情が、このタイトルを知ったとき、じーんとあったかくなって、なんだか安心して、またシュールだなってクスッと笑えました。

 

それにしても、バカなポーズですね。これをみて皆が、あ〜こんな事でケラケラ楽しそうにしてる平和ボケな人もいるんだなぁ。なんかこういうアホな人みてるの色々な悩みとかどうでもよくなるなぁ、とか思ってくれたら幸いです。

 

 

 

新学期、新生活、就活生。みんなみんな、沢山悩んで、疲れちゃったよ〜、と思いながら眠る春の日々ですが、大丈夫です。みんなみんな、成長中だという証拠です。でも成長痛の我慢はひとりではしないでね、痛いときは痛いと言ってね。

 

平和ボケでアホな私は就職活動をしつつも3月と4月の頭で他にもいくつか楽しい事をしたので、またそれについても書きますね。それでは。