読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cocoのポケット

好きなものでポケットをいっぱいにしたい人のブログです

春の嵐

こんにちは。気がついたら3月の半分が終わっていました。なんてこと。。。

ここ最近の私はというと、毎日毎日、真っ黒なスーツに髪の毛をピチリと止めて、低めのヒールをコツコツさせて歩いております。

そう、私、実は大学3年生をしているので、まさに就活期真っ只中。なのです。

 

 

 

私は何を考えて生きてきたかな?とか、これから社会にどう関わっていきたいのかな?とか、ほとんど延々ループのように色々考えているのですが、こういうタイミングにブログを書こうとすると、言葉を選びすぎてしまう気がします。でも、久しぶりに昼間に時間ができたし、私の記録の場所だし、うん、書こう。と思って、書き始めてみました。

 

まだ始まったばかりですし、成果が出る出ないの前段階の状況ですが、1.2月に想像していたのより、思いのほか、成長や意義を感じられる日々だなあと思います。(成長に関しては元々の私がちっぽけだから、ですが。)

 

私はブログという形で自分が思ったこと、考えたことを日々綴るように心がけていたので、自分について考える、ということは好きな方なんだろうな。と思っていました。それは今でも思っているのですが、、、あれですね。やっぱり、好き勝手に好きなことを考えているのとはまるで違いますね。自分と向き合うのはとても体力がいる。ひしひしと感じています。

 

自分が意識して考えていることって思いのほか浅くて、すぐ底までたどり着いてしまう。あー、私ってこんなにつまらない人だったのかしら。とガッカリするのだけれど、それで終わりにしてはいけなくて。初めて見つける“底”は、実は表面的に見えるものでしかないのです。

人は、潜在意識の中にはもっともっと深く感じていることがあって、それを掘り起こしていかないと、本当の自分らしさみたいなものって見つけられないんだなぁ。と、実感しています。素手で底を掘って、苦しみながら見つけ出して、持ち帰ってきた”原石”みたいなものを、今度は、色は?形は?成分は?って調べて知って、それを言葉に直してあげるまでが、きっと自己分析といわれるもので。それはきっと、自分が進みたいいくつかの道を照らすためにすごく大事なことで。

 

かかった時間に対して得られるものが少ない!と思ってしまう時もあって疲れるのですが、地道にやっているとだんだん、ぼやけていた自分の像がはっきりしてきます。今やっとそこまできた感じ。

 

進め方は皆それぞれ違うかとは思いますが…今就職活動をしてる人達。頑張ろうね。自分が心の底から笑って、納得できる生活を送れるように。頑張ろうね。

 

 

 

 

f:id:cocoanight0427:20170316155216j:image

 

さて、そんな大真面目な話をして気恥ずかしくなった後は可愛いもので締めましょう。

MARTEの展示会で注文していたS/Sのアイテム達が届き始めました。

f:id:cocoanight0427:20170316155351j:image

 

まずは、水色と紫のサッシュベルトが届きました。三好さん達が最後までこだわったと言う、本革なのに鮮やかなカラーで作られたサッシュベルト。写真ではジーンズとスカートに合わせたけれど、ゆったりしたワンピースにポイントとして巻くのもすご〜く可愛いです。あのワンピースやあのワンピースと合わせたいな…ていう妄想がモクモクしてるので、早くあったかくなってほしいな。

 

f:id:cocoanight0427:20170316155721j:image

 

このワンピースも最近、就活期間に手に入れました。(就活バッグの中にお守りのようにそっと忍ばせて面接を受けた、正真正銘のあほです。)

 

胸元の柄が勾玉のような、雨の雫のような、不思議な形の刺繍です。灰色部分にも二重まるみたいな柄がこっそりと潜んでいて、可愛いです。袖と裾も切り返しのようになっています。色合いと柄のせいでしょうか、梅雨の時期に着たいな。雨でも気分が上がりそうな気がします。

 

あと、首元にチラリと見えているインナーが…これ。

 

f:id:cocoanight0427:20170316160405j:image

 

これは購入したのは結構前なのですが、黒いニットキャミソールと、デニムです。試着した時に撮ってもらった写真です。むにむにのくせに…こんな着方して…。

デニムはこの後クラッシュして頂いて、太ももと膝をボロボロにしてもらいました。上の紫のサッシュベルトと合わせてる写真(2枚目)のデニムが、それです。

どちらも、メランジェ原宿のものです。

 

 

 

春夏ものって、どうしても買いすぎてしまう…。

収入と支出を考えつつ、バランス良く買えるようがんばります、、、ようは我慢、、、

 

 

 

電車が最寄りに着きそうです。

また書きます。

茶亭 羽當

こんにちは。お久しぶりになってしまいました。

ブログをサボっていた間、いつものように美味しいものを食べたり友人と遊んだりバイトをしたり、振り返ればあぁ、なんて、“日常”。こういう日を紡ぎたくて、私は生きています。

何からどう書けばいいかわからないので、直近の、喫茶店に行った話をしますね。

 

f:id:cocoanight0427:20170225194616j:image

 

一昨日の午後、就活に向けて、美容院で髪をくらーく、くらーく染めた後、渋谷のど真ん中にある「茶亭羽當」に行きました。「ちゃてい はろう」と読みます。(私、読めなかったので、ふりがな書いてみました、読めていたらごめんなさい)

 

f:id:cocoanight0427:20170226140452j:image

 

渋谷の喧騒の中を抜けて、扉をくぐると、そこはまるで別世界。耳をすませばで、しずくが地球屋を見つけた時はこんな気持ちなのかしら。なんだか、とっても素敵なところ見つけちゃった。って少し物語性を帯びたことを考えちゃうような空間でした。

奥の大きな棚の、無数に並んだティーセットの中から、それぞれのお客さんのイメージでティーセットを選んで提供してくれると噂されている「茶亭羽當」。ほんとかしら? 

 

 

 

私のもとにやってきたティーセットは、the millennium collectionとかかれたグリーンのものでした。みどりは小さい頃に母に似合うと言われたからか、なぜか無意識に選んでしまう色だったので、ちょっとドキッとしました。

 

 f:id:cocoanight0427:20170225195516j:image

 

カップには蓄音機や電球、電話機などが描かれていたので、エジソン関連の絵柄なのかな…?と思います。

ブラックコーヒーが美味しく飲めるようになってよかったなぁって、最近ひしひしと感じます。知識なんて全然ないので、どんなコーヒーが香ばしいとか、コクが深いとか、そんな事は語れないのですが、でも苦さや香りに心をときめかせる事が出来るのは、本当に嬉しい。

 

 

喫茶店の醍醐味は、「スーツのおじさんたちの空間にお邪魔する感覚」だと思います。個人的に。新聞を広げてタバコを咥えてるひと、2.3人で談笑してるひと…店にいる大半が私よりずっと大人のひとたち、ってタイプの喫茶店が好きなのです。そういう空間も落ち着くのは、小さい頃によく連れて行って貰っていた、父と母の行きつけの喫茶店に、子供が全くいなくて、その感覚に慣れていたからかな。この話は色々とエピソードが詰まっているので、いつかしたいな。

それにしても、こんな平日の昼間に喫茶店にスーツのおじさまたちが長時間いる…って、お仕事どうしたのかなぁ、サボってるのかなぁ。。なんて推測しちゃったりする。お仕事サボって喫茶店に入り浸る、っていうのシチュエーション、よく小説に出てきますよね。その影響だろうな。実際それだったら、本当は良くないのかもしれないけど、、。でもなんか、、いいな。って思っちゃうのです。

こうして私の小説的日常妄想(?)がはじまります。

 

f:id:cocoanight0427:20170226140425j:image

 

そういう、気だるい背徳感みたいなものが漂う空間にお邪魔する感覚で、10代の女の子があまーいケーキ食べてるシチュエーションとか、ちょういいな、と思います。あ、男の子はそんなの気づいてない、って感じでガツガツ、ミートスパゲティとか食べてくれると嬉しいです。あ、でも全部わかってて静かに文庫本を読んでる、とかも最高ですね。もっと子供の…幼児とかは…おばあちゃんとクリームソーダとオムライス、とか…?

もう私は20代になっちゃったから、なんだろな…失恋しちゃったわ、て空気を醸しながら苦い珈琲をちびちびと飲むのがいいかも。脳内のイメージの私は、実際の10倍も20倍も美人。100倍まで考えるならもういっそ、私じゃなくて遺伝子から違う美人の方がいい。満島ひかりさんはそういうシチュエーション、相当似合うだろうな。。

って、途中から薄々気がついていたかと思われますが、この妄想、毎回、かなりイタいです。

 

 

 イタい妄想、終わりが見えないのでここで強制終了します。でも皆さんも、喫茶店に行ったらそういうことをこっそり頭の中だけで考えてみるのは、いかがですか。すっごく楽しいです、よ。笑

 

それでは。

リボン

 

f:id:cocoanight0427:20170211010520j:image

BUMP OF CHICKEN

2017年2月10日23時30分   生配信 新曲 「リボン」

 

 

嵐の中をここまできたんだ

泣いたり怒ったり笑ったりの全部で

嵐の中をここまできたんだ

 

私がしたいことは、ひとりじゃできなくて

それこそ、泣いたり怒ったり笑ったりの全部で、あなたと日々、繋がっていたいとか、そういうことで。

“あなた”って言うのは、二人称単数だけど、ここで私が言いたい“あなた”は、二人称複数であり単数というか。私が思い浮かぶ人はたくさんいるけど、全員が私にとって、ひとりひとりで。だって人との関わりって全部違うでしょう。同じものなんてないでしょう。例えば私は、たくさんの人を“友達”とくくるけど、その中の誰1人として同じ人はいないの。当たり前でしょう。

だから、あなたです。

今、読んでくれている、あなたです。

 

私はあなたと生きていたい。

泣いたり怒ったり笑ったりしたい。美味しいものを食べたい。素敵なものをみたい。あなたとなら、嫌いだった事や、怖かった事とも、仲良くなれるかもしれない。

 

私はあなたと生きていたいのです。

私がしたいことは、私が投げたら終わり。あなたが投げたら、できない。だから、ね?お願いしたいのです。

私と一緒にいて。私に、思ったことをぶつけて。良いも悪いも全部、ぶつけて。それで私がそっぽ向きそうになったりしたら、頭を思いっきり叩いていいよ。平手打ちでもいい。怒ってください。

私のこと、大事にしてください。

 

そっぽ向く、なんて、しないようにするから。

ただね、「もしあなたが私とのことを投げちゃっても、私、待ってるから、いいよ!」とは、私はまだ、自信を持って言えないの。あの人達みたいに大きくないから。私は私で、あの人達ではないから。違う生き方をして、違う大きい人になるしか道はない。歩みます。絶対に、歩みます。だからもう少し待っていて。もう少し投げないでいて。

 

 

でも、本当は、「一生、投げないで。」って言いたい。小さい声で。

 

あなたが大好きです。

 

 f:id:cocoanight0427:20170211010547p:image

 

僕らを結ぶリボンは

解けないんじゃない 結んできたんだ            

                                 BUMP OF CHICKEN “リボン”

ピンクの魔法

 

こんばんは。

大量のレポート地獄の息抜きに、ブログを書きますね。

 

f:id:cocoanight0427:20170126015039j:image

 

f:id:cocoanight0427:20170126015101j:image

 

この前、可愛いピンクのニットを買いました。ふわふわもこもこで、少しラメが入っていて、脇から肘にかけての形がだぼっとしていて、なんともラブリー。ピンクを着るとなぜかテンション上がりますよね、魔法?

首元も写真ではハイネックだけど、ボタンが外れるので襟にも変身しちゃいます。

 

1月22日に見たCharaのオールタイムベストアルバムのライブで、登場したCharaが、髪も衣装もピンクだったのが格好良くて可愛くて。中にはゴールドのトップスとショートパンツも着ていてね。ぎゃーなんて可愛いの。これで49歳だなんて思えない。と何度も思いました。

 

f:id:cocoanight0427:20170126021828j:image

f:id:cocoanight0427:20170126021836j:image

これ、これ。

お写真、ナタリーの記事からお借りしてます。

「 ピンクの髪、モテないよ〜でも、そういうCharaが好きっていう男子.正面からきてちょうだい〜」ってChara姉様、言ってらっしゃいました。自分のままで生きていて、自分のままを好きになってくれる人がいいよね。そうだそうだ〜正面からきてちょうだい〜!だ〜!って、きゃっきゃしました。あの会場のお客さんで同じようにきゃっきゃした方は少なくないはず。

 

と、Charaに影響された結果、次の日に私も、ピンクにショートパンツという、なんとも気合いの入った格好をしてしまったのでした。久しぶりにヒールも履いちゃったよ。

いつもはこれでもかというほど着込む私なので、案の定とっても寒くって。帰り道には、凍えてました。でも、これを着よう!ってバシッと決まって、メイクをして、髪の毛もちゃんと巻いて、ヒールをコツコツさせながら歩いたのは久しぶりだったから、わくわくしたなぁ。

たまには、いいものですね。

 

 

この勢いでライブの感想もメモ書き程度に書いちゃおう。

ステージの上で歌って、飛び跳ねて、足踏みをして、笑って、踊る…時には転げ回ったりなんかしちゃう。音楽のなかで、Charaはいつだって自由です。最初に彼女を見た時の印象が“カリスマ”ってことで、それは今回も強く感じました。

1つの和音を聴くだけで心がとくんっ、と鳴って、奏者が奏でるほんの数秒のメロディーで目がうるうるしました。嬉しいとか、わくわくするとか、音に対して純粋に楽しいと感じる心があふれて、おおっと、というように涙が出ちゃう。

心の底から音楽が楽しいって思えるステージを、Charaは作ってくれます。実はコールアンドレスポンスも多いライブをしてくれるので、結構おすすめなんです。難しくないよ。Charaがワンフレーズ歌ってくれて、それをそのまま、お客さんみんなで歌って返すんだよ。最高に、楽しいです。音楽でひとつになる、という、言葉にするとありきたりだけど、とっても心が震える瞬間を味わえます。

もし気になっている人がいたら、ぜひ大事な人と行ってみてください。

 

私はまた4月に行っちゃいます。えへへ。

それでは、現実に戻ってパソコンとにらめっこしてきますね。おやすみなさい。

花やしきとプリン

1週間が終わりましたね!お疲れ様でした!

ここ最近、寒さが本気を出してきたなぁと思います。ずっと鼻水スンスンしてます。みなさん、風邪には十分ご注意を。風邪っぽくなくても、体を冷やさないようにホッカイロを貼りましょう。なんなら腹巻きもしましょう。お腹は大事です。

 

 

先週末に、ひぐまとさくらちゃんと遊びました。なんか年始っぽいところに行きたいね〜という理由からふと候補に上がった浅草。年始っぽいことしたいなら浅草寺で初詣!ってなるはずなのに、それを通り越して、私達の足は花やしきへ向かいました。

 

f:id:cocoanight0427:20170113193935j:image

 

f:id:cocoanight0427:20170113193949j:image

 

だって、メリーゴーランドの前で写真を撮るのが、私のちょっとした夢だったから♡笑

 

 

花やしき、良い具合に古くて可愛かったです。シュールな場所もたくさんありました。

 

f:id:cocoanight0427:20170113194438j:image

 

 

ね、シュール。

 

 

f:id:cocoanight0427:20170113194455j:image

これには写ってないけど、ピンクの乗り物の中にはセーラームーンがいます。うさぎちゃんのマスカラとかアイライナーはマッキー、脚は劣化でパリンッと亀裂が入っていて、時代を感じました、、、。

 

 f:id:cocoanight0427:20170113233539j:image

 

パンダにも乗りました。かわいい、パンダ。座る場所がオレンジなの、すごく可愛い。後ろの可愛い女の子とツーショットを撮る21歳。。。

 

f:id:cocoanight0427:20170114142259j:image

 

さすがに恥ずかしくなって、こんなになりました。でもこのパンダの表情たまらなく可愛いので載せます…

 

f:id:cocoanight0427:20170114142401j:image

 

f:id:cocoanight0427:20170114142414j:image

 

さくらちゃんがおnewなミラーレス一眼でたくさん写真を撮ってくれたので、わたしとひぐまのツーショットがほとんど。(…いつも?)

 

f:id:cocoanight0427:20170114142531j:image

f:id:cocoanight0427:20170114142553j:image

 

この日は、ファンドロで購入した新しいレオパードのジャケット(いかつくならなくて可愛い)と、みえないけど赤のリメイクのスウェット。これちょー使えるので、いろんな色を狙ってます。。あとは、いつものピンクのスカート、いつものMARTEのオレンジのベロアのバッグ、MARTEのオレンジの靴下、マーチンでした。

ヘアアレンジはさくらちゃんがやってくれました。斜め上に大きなおだんご。いつものようにクリップを沢山つけて、阿呆な子でした。ルーズに作ってくれたのに、全然崩れませんでした、さすがすぎます。

 

f:id:cocoanight0427:20170114143015j:image

 

お昼は浅草の喫茶店にはいりました。喫茶ブラジル、という名前のところで、美味しくて感動しました、浅草に行ったら是非、是非、行って頂きたいです。奥のチキンバスケットが、本当にオススメです。本当に。本当に。食べた瞬間サクッ、じゅわっ、アツアツ、で、天国です。脂っこくないのでいくらでも食べられる。でもカツサンドもミートスパゲティも美味しいので、2.3人で行って、シェアするのをオススメします。2人ならデートにどうですか。?

 

f:id:cocoanight0427:20170114143405j:image

 

f:id:cocoanight0427:20170114143415j:image

 

 

夜は下北沢のYOUNGというところで、カレーとプリンを食べました。ちょっぴり辛めなポークカレー。付け合わせにおからが付いていて、身体に優しい。

そして何と言ってもプリンが!銀のお皿に乗っていて、生クリームの上にちょこんと真っ赤なさくらんぼも乗っていて!カレーのあとにお口をマイルドにしてくれる優しい子。でした。

 

店内も可愛くて、特にトイレがちょう可愛かったです。びっくりして欲しいので、どんな風に可愛かったかはひみつ♡お店の方もとても良い方でした、是非行ってみてください!

 

 

 

楽しい休日すぎて沢山写真を撮った上に、厳選しきれなくて、沢山載せてしまいました。開くのに重かったら、ごめんなさい。

 

読んでくれてありがとう。

 

 

また〜

 

2017ねん

遅くなってしまいましたが、あけまして、おめでとうございます。

 

去年も一昨年も大晦日、元旦ともに実家にはいなかったので、2年?3年?ぶりの家族と一緒の年越しでした。

紅白で、もう、はー、感動しました。個人的には、林檎嬢のバンド編成が完全に東京事変で、閏年の終わる年の瀬、一夜限りの集結。といった感じでドキドキが最高潮に達しました。あと、YOSHIKI作曲の松田聖子ちゃん(と呼びたい)の「薔薇のように咲いて 桜のように散って」がこれでもかというほど切なくて、いくつになっても彼女は“歌姫”なんだって感じました。冒頭のPUFFYでは、小さい頃、「はにかんでいこう〜」の歌詞を「カニ食べいこう〜」だと思い込んで歌っていたことを思い出しました。

 

 年明け後もお決まり、箱根駅伝を見てうるうるしたり、お笑いをたくさん見ました。カミナリがお気に入りです。

 

グータラと時間を過ごして、たべて、ねて、なんでもない話をして、いちばん生産性のない時間を過ごしたひとが優勝!みたいな、年末と正反対の空気感のお正月が、大好きです。たった数日で、この国の混沌とした灰色は、めでたい赤に変わるのです。ご馳走があって、皆と新しい年おめでとう!って言い合って、普段会えない人に会えたりもして。うん、お正月、大好きです。

 

 

もう1月も10日。すっかりお正月感はなくなって、お仕事や学校が始まって。実家から一人暮らしの部屋へ戻ってきて、ちょっとさみしいけど、こうやって日常は続いていくので。また次。また次。と続けて行けば、また嬉しいことや楽しいことがたくさんあるんでしょうね。がんばりましょう。

 

 

f:id:cocoanight0427:20170110163631j:image

 

ことしも、よろしくお願いします。

 

次ので、新しく買ったお洋服や、昨日行った花やしきなどのことについて書きます。

ではまた。

 

年末ですね

最後の最後に、やっぱり熱をだしました。ベッドでグレープフルーツジュース飲みながらぼやーっとする頭で、これを書いています。ぼやーっとしてるのは、いつもだけど。

今日は今年最後のシフトだったのに…半強制的にお休みです。最後まで踏ん張りきれない自分にがっかりするけど、これも私らしいっちゃ私らしいな…とも思います。…なんて、バイト先の方には口が裂けても言えないですね。年末なのに、ロングで入ってたのに、ごめんなさいすぎて。

おみかん食べよう。(本当に反省してんのかのツッコミ待ちです)

 

 

 

年末って毎年なんだかこう、グレーな気分になります。皆が1年の締めに向かって、忙しなく往き来するから…かなぁ。私はまだ学生で、締めなければいけない仕事などなくて(かと言って最後のシフト休むのは違う、断じて違う、さいてい)強いて言えば、やるべき事は、大掃除か冬休みの課題くらいのもので。でもこの年末モードに飲まれて、ちゃんとしなくちゃ、今年やり切れてないことをやらなくちゃ、って気持ちになった結果、1年の自分の振り返りなんか始めちゃうのです。そうして、あれを諦めなければ良かったなぁとか、ここが変えられなかったなぁとか考えだしちゃって、自分に全然納得できなくて、なんだか下を向いてしまうのです。

 

 f:id:cocoanight0427:20161229111502j:image

 

だからかな。昨日、大掃除の最中、コンロの焦げ付きをカリカリ落としながら、やっぱり私は、2016年の色々を思い返していました。

今頃はまだボストンにいたんだな。寒くて寒くて仕方がなくて、だけど全てが新鮮だった。たいしたことは、してないんだけど。英語が完璧になったわけじゃないし、いろんな人の繋がりができたわけじゃない。ただ半年、アメリカにいたってだけ。本当に自分はたいしたことないな、ダメだな、今年もなんか、たいしたことはできなかったなぁ…って、カリカカリカリ…という音と共に考えていたら、はっ、と、気づきました。何してるんでしょうね。自分で自分を悲しくしていました。それも、勝手に、無意味に。

「この中に留学…とかさ、海外で生活したことある人、いるの?いたら、いたですごいけど、だって、生活だよ?生活って、生き活きするって書く…生命活動だよ?俺からしたら、君のやってるってことは本当にすごいことで、想像もつかないようなすごいことで、全然物凄いことで…」「だってあれでしょ?なれないスーパーで「Hi!」とかいってフランスパン買ったりとかすんでしょ?!」「すげーよ!」

って、藤くんとヒロが言っていたよ。笑

 

 

 

 

そうだよ。自分で自分を認めてあげたって、いいじゃない。私は頑張ったよ。慣れない場所でHi!とか言ってラズベリー買って美味しい〜とか言ってたよ。帰国して、引越しをしたよ。バイトもしたよ。公共料金とか自分で払って、食事を作って、洗濯をしたよ。毎朝(昼の時もあったけど)自分で起きて満員電車に乗って学校へ行ったよ。課題を朝までやって提出したよ。本を読んだよ。ライブに行ったよ。大阪、名古屋、あと福岡なんかまで行っちゃったよ。夏フェスで、オールナイトもしたよ。友達とへんな空気になって、バカみたいに本気の話し合いをしたよ。免許合宿へ行ったよ。免許も無事取得したよ。

うんと泣いてうんと笑って、ちゃんと2016年を生きました。あたりまえの事を、どうにかこうにかくぐり抜けて、私は2016年の年末まできました。みんなも、そうでしょう?がんばっていたんだよ。ぜったい。人がひとり、1年を生きるっていう例は、星の数ほどある事。だからみんな忘れちゃうけど、それって本当は、すごい事だよ。生きる為にはやらなくちゃいけないことは数えきれないほどあるの。それを私は、あなたは、やり遂げたんだよ。最後くらい、誇ったっていいじゃない。

 

f:id:cocoanight0427:20161229111807j:image

 

なんて、去年も年末 - Cocoのポケットで同じようなことを言っていました。きっとこうやって思うのは、佐々木茜ちゃんのブログの影響ですね。
元気ですか?|佐々木茜オフィシャルブログ Powered by Ameba
今年はURLも貼っておきます。この、どこまでもやさしく染み込んでくる言葉達が、本当にだいすきなんです。皆さんも、ぜひ読んでみてください。きっと、ホッとできます。

 

 

 

 

 f:id:cocoanight0427:20161229104548p:image

 

最後にInstagramの写真たちを。

 

 

 f:id:cocoanight0427:20161229105526j:image

 

f:id:cocoanight0427:20161229105550j:image

 

f:id:cocoanight0427:20161229105559j:image

 

f:id:cocoanight0427:20161229105609j:image

 

これで全部ではない、ってところが、また。よくもまあこんなに、更新したなあ。

 

 

みなさんと、いろんな場所へ行きたいです。いろんな話をしたいです。美味しいものをたくさん食べて、好きなものをたくさんみて、しあわせでありたいです。

来年もどうぞ、よろしくお願いいたします。